風俗で働くのは余程の個人的事情があるだけにタブーとされているその禁断のデリヘル事情をまとめてみました。

デリヘル嬢になった理由ときっかけを聞いてみた。

デリヘルと生活の闇 デリヘル嬢の心の闇

デリヘル嬢がほんの少しの知的障害

投稿日:2015年6月9日 更新日:

デリヘルではよくあるお話

デリヘル嬢がほんの少しの知的障害

擁護学校レベルの話ではなく、ほんの少しだけ知的機能に障害を持っている人が風俗に多いのはご存知だろうか?

一般の正社員などは採用されず、されたとしても仕事が普通の人よりもどうしても劣ってしまうのです。バイトでさえもミスの連発で雇ってもらえないなんて悩む人になってしまうと必然的に金銭的にも生活が困窮してくる。
見た目には全くわからないため、なんで普通のことができないのかと怒られるばかりで心身共に弱っていくものです。
成人すれば仕事はやりたくてもできない上に経済的な負担もかかってくるため、職探しも困難な状況に陥ってきます。どこを探しても断られれば行き着くところは、風俗となってくるわけです。

デリヘルの風俗嬢を採用する基準

風俗店の場合、常に働く風俗嬢が足らずに困っている店からすれば、余程の言語障害や知能障害でない限り採用する幅は広がります。優先するのは学歴や頭の良さよりも、若さやスタイルや容姿となる。
そして稼げば稼ぐだけ他の仕事で認められたことのなかった女の子が、褒められるのである。
多少辛い時があっても他の仕事の選択肢も収益の選択肢もないだけに、我慢強さは一般の女の子より免疫は強いのだ。そしてお金をもつ事によりそのデリヘル嬢にとっては自由を得ている事となんら代わらないと感じてしまうのだ。

今まで出来ないと諦めていた事は旅行でも物欲でも全てお金が解決してくれる。
廻りの人(デリヘル店のスタッフ等)に認められて出勤すれば頼りにされてと、世間に仕事内容がバレ無ければその女の子にとってちゃんとした職場となってしまうのだ。

見た目にはわからないデリヘル嬢

知的機能に軽い障害がある程度では普通の生活では全くわかりません。また、人によって特徴や症状が違うので一人一人にあった解決策を見つけ出さない限りは一般社会ではのけ者にされることが多いのです。
最近では芸能人などのカミングアウトで失読症やADHDなどの認知度は多少あるものの、やはり一般企業で仕事をするには一筋縄ではいきません。

どれもこれもひっくるめてデリヘルでは自分を認めてくれているということが障害を持った人間からすればそれ自体がとても嬉しく感じるものです。
『何をやってもダメな自分』から仕事ができて稼ぐことができるようになるわけですから。自然と笑顔が多くなるり、またそれは客の足を運ばせることになるのです。

-デリヘルと生活の闇, デリヘル嬢の心の闇

Copyright© デリヘル嬢になった理由ときっかけを聞いてみた。 , 2017 AllRights Reserved.